みーつけた!!

特別支援学校に通う発達障がいの息子と、年子の娘(姉)と…。まだまだ学ぶことの方が多い子育てをしている、handmadeが大好きなmyuru*のブログですm(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せのカタチ。


先日、息子の支援学校で委員会があり、
行ってきました。

ある程度仕事が終わり、雑談していると、
我が子たちの将来についての
話題が上がったんです。

悲観的な話が多くて
何だか悶々としてしまいました(´・c_・`)

そんなにこの子たちの将来って暗いの??

私が楽観的過ぎるのでしょうか…(((^_^;)



私だって、そこそこ考えてはいるし、
不安だってあるけど…

でも、不安なら娘(定型発達児)に対して
だってある。


確かに世間で言う「自立」は、
息子には難しいと思う。

でも、だからって、
幸せになれないとは限らないよ。
幸せになるとも限らないけど(((^_^;)

でも、それは、娘にも言えること。

「自立」できる力があったって、
幸せになれるとは限らない。

未来なんて分からないよ。


…はぁ、すっきり^^

その場では言えなかった、
ヘタレな私の心の叫びでした。



私、娘と息子を授かれて、
まぁ、いろいろありますが、
どっちかって言うと幸せなんです。

娘も息子も可愛くて仕方ない。
親バカ上等

でも、「大変だね」って
言われてしまうことがあるんですよね…

まぁ、大変っちゃ大変なのかも
知れないけど。

でも、我が家は我が家なりに
「普通の生活」してるんだけどな(´・ω・`)




…てな具合にね、

「幸せ」とか、「普通」とか、
そういう曖昧なものって、
皆、一人一人違うんだよね。
親子でも違う。


だから、
親のものさしで子どもの幸せは
測れないんだよ。


私は、娘には
幸せな結婚をしてほしいと思うけど、
娘は、もしかしたら、
「一人の方が気楽~♪幸せ~♪」って、
思うかもしれないし、

息子の将来だって、周りから見たら
「可哀想」とか思われる
将来なのかも知れないけど、
息子自身が幸せを感じてくれてれば
それで良い。

(むしろこうなった場合、
娘の方が私的にはやっぱり心配(-""-;))

親の望む幸せが
子どもにとっての幸せとは限らないし、
親が悲観的に考えてしまうことが、
子どもにとっても悲観的なこととは
限らない…と思う。



…なんかデカイこと言ってますが(((^_^;)

どの口が言ってんだよ!って、
この記事を読み返して
憤りを感じる未来が
私にも来るかもしれない(-""-;)

私の想像が追い付いてなくて、
未来はホントに過酷なのかもしれない。

でも、無駄に
悲観的なことばかり考えてるのは、
やっぱりなんか違うんだよなぁ…。
上手く言えないけど(-""-;)

でも、考え方はどうであれ、
親は皆子どもの幸せな未来を
願っているってことなんでしょうね(*^^*)

…結局何が言いたかったんだ?私(((^_^;)


脈絡のない記事になってしまい
最後まで読んでくださった方に
申し訳ない(T_T)

ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

 プロフィール 

myuru*

Author:myuru*
2児のママ、myuru*です^^
ミシンに編み物、消しゴムはんこなどなど。。。
handmade大好き^^

マイペースに更新していきます^^

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 カレンダー 

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。